凸 ブロックのつみかさね

デザイン、技術メモ、レビュー中心の雑記ブログ

WordPress設定[投稿設定]

投稿設定

WordPressの投稿に関するさまざまな設定を行います。Ping送信やメールでの投稿設定などがあります。

投稿設定

:-) や :-P のような顔文字を画像に変換して表示する
「:-)」や「:-P」と入力することで絵文字に変換してくれる機能を使うかどうか設定します。「スマイリー」と呼びます。
不正にネスト化した XHTML を自動的に修正する
投稿した記事が正しいHTMLになるよう自動で修正してくれる機能です。必要であればチェックを入れてください。筆者は勝手に変えられるのがいやなので、いつもOFFにしています。
投稿用カテゴリーの初期設定
記事を投稿した時に何もカテゴリを選択しなかった時に選ばれるカテゴリーを指定します。
デフォルトの投稿フォーマット
WordPressには「投稿フォーマット」と呼ばれる投稿部分の見た目をカスタマイズするための情報を出力する機能があります。この設定では、新規記事を書く時に、どの投稿フォーマットを選択した状態にするのかを決めます。「投稿フォーマット」の詳細については、以下をご覧ください。
リンクカテゴリーの初期設定
外部リンク集機能をつかってリンクを作るときに、最初に選ばれるカテゴリを指定します。リンク機能自体使わないので、そのままでいいでしょう。

投稿フォーマットとは

投稿フォーマットとは、投稿部分の表示をカスタマイズする時に使える情報を出力します。具体的には、CSSのクラス名を出力します。

aside(アサイド)
タイトルのない、の記事表示に使うことを想定
chat(チャット)
チャット履歴の記事表示に使うことを想定
gallery(ギャラリー)
画像ギャラリー(複数画像のまとまり)の記事表示に使うことを想定
image(画像)
単独画像の記事表示に使うことを想定
link(リンク)
外部リンクの記事表示に使うことを想定
quote(引用)
引用文の記事表示に使うことを想定
status(ステータス)
Twitterのようなつぶやき(短い記事)の記事表示に使うことを想定
video(動画)
単独動画記事の記事表示に使うことを想定
audio(音声)
音声ファイルの記事表示に使うことを想定

メールでの投稿

投稿する人しか知り得ないメールアドレスを作り、WordPressに設定する事で、メール送信を通して記事を投稿することができます。

メールサーバー
作成したメールのメールサーバを入力します。このメールアドレスは知られてしまうとだれでも投稿ができてしまいます。そのため、推測できないような複雑なものにしてください。例)XGqoGoeHZhQo@example.com
ログイン名
メール送受信のログイン名を入力ます。
パスワード
メール送受信のパスワードを入力ます。
メール投稿用カテゴリーの初期設定
メール経由で投稿した記事を、どのカテゴリーに属するのかを選択します。

更新情報サービス

ブログ記事を新規投稿したり更新した時に更新情報を集めているサーバーへ更新した事を通知するサービスがあります。一般的にはPING送信(ぴんぐそうしん)といいます。

一昔前はSEOに効果があると言われていたPING送信ですが、最近は効果がないように感じます。個人的には気休め程度に考えておくのがいいと思います。一応、2017年1月現在有効?だと言われているPING一覧を記載しておきます。

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://ping.blo.gs/
http://ping.blogranking.net/
http://ping.dendou.jp/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://pingoo.jp/ping/
http://ping.feedburner.com/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://rpc.pingomatic.com/
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://www.blogpeople.net/ping/
http://xping.pubsub.com/ping/

個人的には、PING送信よりも「PubSubHubbub(パブサブハバブ)」の方がGoogleが早くインデックスしてくれるような気がします。

©blockworks.