凸 ブロックのつみかさね

デザイン、技術メモ、レビュー中心の雑記ブログ

WordPress設定[表示設定]

主に表示に関係する設定を行います。項目数は少ないですが、重要な項目がありますので、しっかり設定しましょう。

表示設定

フロントページの表示

フロントページの表示はちょっとややこしく、テーマを作るようになると理解が必要な箇所なので、詳しくは別ページに記載していきます。

フロントページとは

一般的なブログサイトのトップページにアクセスすると、通常は最新記事が何件か表示されると思います。WordPressは「投稿ページ」と「固定ページ」の2種類があり、サイトのトップページを「固定ページ」に設定することができます。

  • 最新の投稿:一般的なブログサイトのように、最新記事を表示します。
  • 固定ページ:自分で指定した固定ページを表示します。

「固定ページ」を選択した場合、WordPressはどれが「投稿ページ」で、どれが「固定ページ」なのかが判断できません。そのため、フロントページと投稿ページをそれぞれ指定しなければいけません。

両方指定するには、例えば、以下のような作業が必要になります。

  1. 最低2つの「固定ページ」を作成する(例:ページ①、ページ②)
  2. 表示設定で、それぞれを選択します。
    フロントページ:ページ①、投稿ページ:ページ②

ここで作成したページ②の本文はタイトルだけ入力し、本文は空で大丈夫です。(投稿ページとして認識するので中身を見ません)

またこの設定項目は、公開している固定ページが1つもない場合表示されません。

ページに表示する最大投稿数
投稿一覧ページ1ページ当たりに表示する投稿数を指定します。ここで指定した数字は、テーマ作成の標準的なループの時にも使われます。
RSS/Atom フィードで表示する最新の投稿数
WordPressには、フィードと呼ばれる簡易記事の情報を発信する機能があります(詳しくは後述)。そのフィードに表示する投稿数を指定します。
RSS/Atom フィードでの各投稿の表示
フィードに表示する内容を、全文を表示するのか、抜粋のみ表示するのかを指定できます。
検索エンジンでの表示
Googleなどの検索エンジンにインデックスさせるかどうかを選択します。よほどの理由がないかぎり、チェックは外しておくほうがいいでしょう。

RSS/Atomとは?

RSSフィード、Atomフィードとも呼ばれます。ホームページが更新情報などをRSS(RDF Site Summary/Rich Site Summary)形式でデータを外部へ提供するフォーマットです。WordPressでは、投稿記事のRSSの他、コメントのRSSやカテゴリー毎のRSSなどを発信することができます。

ちなみに、AtomはRSSと同じようなものですが、より新しい形式になります。今後はAtomを使っていく方がいいと思います。

WordPress しっかり入門

WordPress しっかり入門

©blockworks.