凸 ブロックのつみかさね

デザイン、技術メモ、レビュー中心の雑記ブログ

【PR】素材データ販売サイトをオープンしました

仕事の合間にイラストを描いてダンロード販売できるサイトを作りたいな〜と思い、実際に作ってみたのでPRを兼ねてブログを書こうと思います。

作ろうと思ったきっかけ

イラスト・写真素材販売 blockworks.shop

小さな理由がたくさんある感じです。今年目標の「アウトプットする」一貫でもあります。また、自分はイラストレーターと名乗れるほど絵に個性がないので、販売していく道が欲しいと思ったり。あとは、ここで売れなくても描いたイラストは他でも流用でき、作業も自分の人件費だけで済むことも理由です。隙間時間に描いています。データは腐らないしね。

BASEを利用

ダウンロード販売できるサイトはいろいろあるようです。まぁ一番無難でわかりやすそうなBASEを選びました。手間にならなければ、BOOTHと両方に展開するのもアリかもしれませんね。

www.flopdesign.com

今回BASEを作るにあたり独自ドメインを当てています。詳細は別記事を書いていますので、読んでみてください。

www.blockworks.info

ダウンロード販売サイトを作って面倒だった所

BASEには商品一括登録(CSV)があるのですが、これは、ダウンロード販売に対応していません。そのため、まず商品を登録して、その後ダウンロードデータ、カテゴリーを指定する形をとっています。ここが少し面倒ですね。

ダウンロード販売サイトを作って便利だったツール

素材販売の場合、販売前のイメージにウォーターマーク(透かし)をつけなければ、自由に使われてしまいます。透かしのついたサムネイルを別途作らなければいけないのですが、その時に便利だったのが「Th-MakerX」です。

以下のように、3000px四方ある画像のサムネイル作成作業をドラッグ&ドロップで一括作成することができます。

  • 600px四方に縮小
  • 変形の場合は余白を白で埋める
  • 自分がデザインしたウォーターマーク(透かし)を付けることができる
  • 名前を変更することができる(私は上書きしています)

BASEで注意すること

一括登録の場合の注意点ですが、商品名は、同名は入力できないようです。同名の商品があった場合、最初の商品のみ登録され、のこりの商品はスキップされます。一括登録する際は、似たようなものであっても何かしら名前を変更した方がよいです。

というわけで宣伝です

というわけで宣伝させてくださいwまだ素材は40点くらいしかありませんが、時間の合間をみてコツコツ増やしていきたいなぁと思っています。イラストが溜まったらセット商品を作ったり、著作権譲渡も含めて売るような商品も販売してみたいなぁと思います。

shop.blockworks.jp

今回のつみかさね

物が売れるかどうかは正直誰にも分かりません。データは腐ることもないし、試しに販売してみるのは手じゃないかなぁと思います。作ったデータがその時は売れなくても将来に渡って残るものなので、無駄になることはないと思います。

©blockworks.