凸 ブロックのつみかさね

デザイン、技術メモ、レビュー中心の雑記ブログ

【レビュー】ヘッドホン KINGTOP K11をゲーム実況用に購入してみた

アウトプットの一貫で、Youtubeでゲーム実況をほそぼそとやっているのですが、これまでは、iPhoneに付属のマイク付きイヤホンで実況をやっていました。やはり音が安定せず、若干こもるんですよね。そこで、いろいろ調べてKINGTOP K11を購入しましたのでレビューしたいと思います。

私の購入条件

4極ミニプラグであること

「HDMIゲームキャプチャー GV-HDREC」にはマイクを挿して直接録音できる機能があるのですが、その機能を使うには、4極ミニプラグである必要があります。USB端子のヘッドホンが多いのですが、今回はこの点は外せませんでした。

www.blockworks.info

ヘッドホンタイプであること

据え置き型のマイクだと、自分のいる位置によって音量が変わってしまうのが嫌だったので、ヘッドホンタイプにしました。

外観

KINGTOP K11

以下のように青と黒のデザインになっています。個人的には地味なデザインが好きなので、この青はちょっと派手に感じてしまいますが、価格を考えると妥協できる所でしょう。

KINGTOP K11

同梱物はこんな感じ。本体、説明書、ミニプラグを2本に分ける変換ケーブルがついています。ケーブルは、織り込んだ紐のようになっており、取り回しがしやすくなっていると思います。

リモコン部分

KINGTOP K11

リモコン部分はごらんのようなデザインが、ケーブルの途中についています。機能は、ミュートと、ボリュームを調整できます。個人的にもっと小さくしてほしかったなと感じる部分でした。

音質、録画はどうか

音質の素人ですのであまり参考にならないと思いますが、すごくいいです。この価格帯でこの音質なら全然OKでした。

「HDMIゲームキャプチャー GV-HDREC」を使っての録音も問題なく動作しました。マイクの位置を上手く口元に持ってくることで、かなりきれいな音質で録音できました。


【みんなでワイワイ!スペランカー#01】 ワイワイしないで1人洞窟探検

その他使用感

ヘッドホンの装着感も問題ありません。唯一気になる所といえば、長く使っていると、耳のあたりが自分の熱で蒸れることでしょうか。

今回のつみかさね

いろいろ気になる点はありますが、この価格帯(3,400円)でこれだけの機能があるので、総じて買ってよかったと思います。上の価格帯はここから跳ね上がります。であれば、壊れても同じ商品を買えばいいですし、お得感を感じられる商品だと思いました。

©blockworks.