凸 ブロックのつみかさね

デザイン、技術メモ、レビュー中心の雑記ブログ

IIJmio海外トラベルSIMを使う(2.設定編)

前回、「IIJmio海外トラベルSIM」という記事を書きましたが、今回は実際に設定をしてみます。とは言っても非常に簡単でしたよ。

確認環境

1. IIJmioに会員登録

設定をするには、IIJmioへの会員登録が必要です。「海外トラベルSIMお申し込み | IIJmio」からIIJmioへの新規会員登録ができますので、設定をしてください。

私は既にIIJmioを使っていて登録してあるので、ここの手順は省略しています。

2. MSISDNとICCIDを入力(今回は不要)

店頭で買う場合は、カードに記載されている電話番号(MSISDN)とICCIDをIIJmioの画面から入力します。

私の場合、IIJからネット経由で購入したので、既に設定?されている状態でした。

MSISDNとICCIDを入力(今回は不要)

3. API構成ファイルをインストール

端末の設定とテスト通信 | IIJmio海外トラベルSIM」からAPI構成ファイルをインストールします。

インストールの際、現在国内で使用しているIIJmioのAPI構成ファイルを削除しないと、入れることができません。国内API構成ファイルは「IIJmioクーポンスイッチを App Store で」をインストールしておけば簡単に入れることができます。

4. iPhoneの設定

iPhoneを設定します。

  1. 「設定」→「モバイルデータ通信」→ONになっていることを確認
  2. 「設定」→「モバイルデータ通信」→「モバイルデータ通信のオプション」→「データローミング」をONに

5. webサイトにアクセスできるか確認

IIJmio海外トラベルSIMにアクセスできるかテストをします。

6. チャージ

API構成ファイルの設定だけでは、まだ使えません。チャージと呼ばれる、料金の前払い?をする必要があります。渡航先でもチャージできるそうですが、個人的には国内で済ませておいた方が安心だと思います。

IIJmio:ログイン」にアクセスします。IIJmioのIDとパスワードを聞いてきますので入力します。

プラン選択画面が表示されます。私は今回「スタートパック(音声つき)」を選びました。

プラン選択画面

確認画面が表示されます。いろいろ確認事項があるのでチェックを入れ、次に進みます。

確認画面が表示

設定が完了しました。メールで連絡もすぐに届きます。

設定が完了

みおぽんをインストールしておくと帰国時に便利

みおぽんと呼ばれる、「IIJmioクーポンスイッチを App Store で」をあらかじめインストールしておくと、帰国時に国内用のAPI構成ファイルをインストールできます。

「ヘルプ」→「構成ファイルのインストール」を選択します。(ネット環境が必要です。)

今回のつみかさね

なかなか設定があって大変かもしれません。Docomoやauを使っている人は、自動で切り替えてくれる事を手動で行わなければいけないので、知識のない方はWifiルーターなどを借りていた方がいいかもしれません。

個人的にはSIMフリーiPhone6を海外で使えるということで、楽しみです。海外旅行から帰ってきたら、使用感などを記事にしたいと思います。

関連記事

www.blockworks.info

IIJ BIC SIM音声通話パック

IIJ BIC SIM音声通話パック

©blockworks.