凸 ブロックのつみかさね

デザイン、技術メモ、レビュー中心の雑記ブログ

Dropbox有料版からGoogleDriveへ移行した

数年間Dropbox有料版を契約していましたが、GoogleDriveへ移行しました。そこに至った経緯などをメモしておこうと思います。

Dropbox有料版からGoogleDriveへ移行した

Dropboxの容量を全然使っていなかった

Dropboxの有料版は1TBもらえるのですが、数年使い続けても10GBくらいしか使っていませんでした。しかも整頓すればもっと容量は少なくて済みます。よく考えたら私の場合、パソコンの容量自体1TBも積んでいないので、使うことはないんですよね。

ただDropboxにも良い所があります。WordPressのバックアップなど、いろいろな外部対応サービスがDropboxに対応している事です。だから完全に切ることはできなかったりします。無料プランの範囲内で対応する形で検討しました。

Googleサービスに依存していた

Googleは世界企業だけあって良いサービスが揃っています。GmailやGoogleドライブを使うし、メモはGoogleKeep、連絡先もGoogleを使っています。Googleサービスに依存している事がわかります。こうした理由から、Googleに統一した方が便利な気がしていました。

Dropboxの有料版を解約(1TB→7GB)

Dropbox有料版からGoogleDriveへ移行した

というわけで、Dropbox有料版を解約しました。年間契約をしていたので7月まで1TB分使えますが、データも断捨離して300MBまで減らしました。通常より2GB多いのは、過去に招待コード経由で申込みがあったり、増量キャンペーンで増やしていたからです。

こちら」からDropboxの新規アカウントを作ると500MB多くもらえるので、まだDropboxを使っていない人はぜひ!

Dropbox新規アカウントを作ると500MB多くもらえる

Googleドライブへデータコピー

Googleドライブを登録、Dropboxのデータを一部は外付けHDDにバックアップを取り、最低限必要なものをGoogleドライブへ移行しました。

Googleドライブは全部で19GBあり、総容量9GB使っています。あと半分くらいですね。有料版を申し込もうと思っていましたが、容量が圧迫してから契約すればいいかなという事で、とりあえず無料プランの範囲内です。

今回のつみかさね

いろいろ便利だと思ってサービスに申し込みますが、定期的に見直していくことは大切ですね。

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス)  ―私たちの働き方とマネジメント

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント

  • 作者: エリック・シュミット,ジョナサン・ローゼンバーグ,アラン・イーグル,ラリー・ペイジ,土方奈美
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2014/10/09
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (17件) を見る

©blockworks.