凸 ブロックのつみかさね

デザイン、技術メモ、レビュー中心の雑記ブログ

【ゲーム実況】複数人ゲーム実況動画録画時に注意すること

4年近く更新が止まっているマイクラ実況動画をぼちぼち編集しています。

そのマイクラ動画は、全ての動画が編集し終わったら、1日1動画アップしていこうと思っていますので、公開はまだ先になります。

「マイクラマルチ実況」のような、複数人数の動画を1つにまとめて編集する際、個人的に気をつけた方がいい事をメモしておこうと思います。

動画サイズを合わせる

複数人で録画する時、みんなの録画サイズを合わせましょう。私たちの場合、録画サイズが異なっていたため、編集作業に入る前にサイズを統一してから編集作業に入りました。そのための変換時間って、かなりの負担になります。

個人的には複数人の場合、1280×720サイズで十分だと思います。それよりも大きなサイズだと画質は綺麗ですが動画編集時にプレビューが重たくて苦労します。

1ファイルの動画の長さは、30分程度にした方がいい

実況が面白くなっている状況であれば仕方がないですが、そうでなければ、1ファイルの長さを30分程度にした方がいいと思います。理由は、1ファイルが長いと動画編集時に重たくなるためです。

複数人実況の場合、30分程度の所で一旦保存してもらい、続けて撮っていくスタイルですね。 できれば、ファイル名などもルール付けしたおいた方が、後から見た時にわからなくなる事はないでしょう。

もちろん、複数人が同じタイミングで録画→保存をしてくださいね。

例)
kaneko_20170903-1.mp4、iida_20170903-1.mp4
kaneko_20170903-2.mp4、iida_20170903-2.mp4

Adpbe Premiereのマルチカメラ機能を使うと、切り替えが楽

上記のように、「だいたい同じ時間」で切ったファイルがあれば、「Adpbe Premiereのマルチカメラ機能」を使って、動画の同期と切り替えを簡単に行うことができます。

「マルチカメラ機能」というのは、よくテレビ番組のインタビューを思い出してみてください。 複数のカメラ(1カメと2カメ)で同時に録画し、適宜切り替わるような事を指しています。

Adpbe Premiereでは、そのような機能が備わっており、音声を同期して、1ファイルの切り替えのように扱うことができます。詳細は、以下の動画を参照ください。


【Premiere Pro】二台以上のカメラ映像を切り替えるマルチカメラ機能の使い方

回ごとの企画(目的)を定めておいた方がよい

企画(目的)と書くと、随分堅苦しいことのような気がしますが、そんなに難しく考える必要はないです。

マイクラのような、自由度が高すぎて目的がないようなゲームの場合、ダラダラと録画していく事になりますが、長い動画のチェックと編集は正直骨が折れます。

そこに時間をかけるのではなく、最初に目的を決めた方がいいと思うんです。マイクラで例えると

  • 今回はネザーに行こう
  • 今回は釣りをしよう
  • 今回はエンダーパールを取りに行こう
  • 今回は家を建てよう

…このように回の目的を定めることで、録画時間も短くなるし、編集作業も楽になると思います。

動画はシンプルがよい

これは、製作者の意図によるため、必ず守る必要はありません。

ゲーム実況は、何十回もパートを重ねることが多いジャンルだと思います。その時、凝った編集処理を行うと、後から編集作業が厳しくなってきます。

編集も大事ですが、ゲーム実況の良さを伝えるのも重要です。そのあたりのバランスを考えた編集処理を考えてみた方がいいと思います。

今回のつみかさね

ゲーム実況する方は、ゲームを面白く伝えるのが目的だと思うので、編集作業は少ないに越した事はないと思います。以外とシンプルなカットだけでも面白くできるのではないでしょうか?

私は長編動画の編集で結構体力を使っているので、今後は、そのあたりのバランスを考慮していきたいなぁと思いました。

Premiere Pro & After Effects  いますぐ作れる!  ムービー制作の教科書 [CC/CS6対応版]

Premiere Pro & After Effects いますぐ作れる! ムービー制作の教科書 [CC/CS6対応版]

©blockworks.