凸 ブロックのつみかさね

デザイン、技術メモ、レビュー中心の雑記ブログ

ゲーム実況を1年やってみて

Nintendo SWITCHの購入をきっかけに、ゲーム実況を始めて約1年になります。 いろいろ試行錯誤して感じた事を、2018年3月末の段階の考えとしてまとめておこうと思います。

動画投稿と生配信

ゲーム実況には大きく、「動画投稿(編集した動画をアップ)」と「生放送(プレイをそのまま配信・アーカイブ)」があります。それぞれ一長一短があるので、○…いいと思う所 △…悪いと思う所 としてまとめてみます。

動画投稿のメリット・デメリット

  • ○仕事で忙しい時も貯め撮り・予約投稿ができるため、動画を定期的に投稿できる
  • ○編集で不要部分をカットして、「魅せる動画」を制作できる
  • ○動画時間が短い(10〜20分程度)なので、より多くの人に見てもらえる確率が上がる
  • △動画編集作業(動画編集・動画エンコード)に時間が多くかかる
  • △ファンがなかなかつかない(但し、ゲームの腕前次第)

生放送のメリット・デメリット

  • ○リアルタイムでコミュニケーションが取れるため、ファンがつきやすい
  • ○動画編集作業時間がない。時間節約
  • △定期投稿=毎日生放送であり、毎日配信する必要がある
  • △コメント・要望の対応が頭を使う(但し運営方法次第)
  • △1本の動画時間が長くなりがちで、アーカイブ動画の視聴回数は伸びにくい

どんなゲームを実況したらいいか

結論から行くと「自分のやりたいゲーム」を実況すべきです。やりたくないゲームをしても苦痛なだけです。

また、選んだゲームを「動画投稿」「生放送」のどちらを選ぶのかによって状況が変わります。個人的にいくつかのゲームを実況した傾向を以下のように感じました。

  • 対人戦ゲーム(動画投稿)…プレイの上手さ、強さを求められる傾向
  • 対人戦ゲーム(生放送)…プレイへの参加、視聴者は自分のやって欲しい要望を伝えがち
  • 協力系ゲーム(動画投稿)…プレイの上手さ、強さを求められる傾向
  • 協力系ゲーム(生放送)…プレイへの参加、視聴者は自分のやって欲しい要望を伝えがち
  • 1人用ゲーム(動画投稿)…ゲームのストーリーを知りたい人向けの傾向
  • 1人用ゲーム(生放送)…既にプレイしている人のネタバレが起こる可能性(運営次第)

結局、どのゲームを選んでも一長一短です。最初に自分の運営スタイル・スタンスを決めて行った方がいいと思います。

ゲーム実況の運営スタイルはどうしたらいいか?

基本的に以下のようなスタンスでいいと思います。

  • 視聴者の反応・評価をいちいち気にしない
  • 自分の中の目的をはっきりさせる(チャンネル登録数を増やしたい? 有名になりたい? 楽しければいい? 等)
  • 目的がぶれないようにしつつ、自分のやりたいようにやる事が一番

例えば私の場合、開始当初はチャンネル登録数を増やして、広告費を…なんて考えていました。ですが今はそんな気持ちはないです。

  • 趣味としてゲーム楽しむ事、その様子を保管・残す事
  • 長く継続する事
  • 視聴者の反応・評価をつい気にしてしまうので、見ない仕組みで運営する事
  • 試した事を知識として蓄積する事

…といった方向性を目指しています。

今回のつみかさね

楽しいゲームをしているのに、細かいストレスが貯まらないように運営する事が一番大切な気がします。そうして長く運営していけば、いつか結果がついてくると信じていますし、結果がついてきてからいろいろ考えればいいと思います。

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

©blockworks.