凸 ブロックのつみかさね

デザイン、技術メモ、レビュー中心の雑記ブログ

ゲーム実況動画における音声の後付けについて

ゲーム実況チャンネルをYoutubeに持っています。今回録画ミスをして実況を後付けしているのですが、思ったことがあったので、メモしておきます。

実況に大切だと思う事

実況に大切だと思う事は「無言の時間が少ない事」だと思っています。あまりに無言の時間が多いと、実況動画ではなくプレイ動画になってしまいますし、他の実況動画と差別化がより難しくなると思うからです。

音声後付け実況は、無言時間を限りなく減らせる

音声後付け実況は、そんな無言時間を限りなく減らすことができます。なぜなら、録音を何度も行う事ができるからです。

実況していて「この言葉がいいな」とか「この言葉に言い換えよう」という事が簡単に行えます。心理的にも「言い直しが出来る」のは大きいと思いますし、ゲームプレイに集中出来る点もよいのではないかと思います。

Adobe Premiereでは、タイムライン上の動画を再生しながら、直接音声タイムラインを載せることができるため、とても気軽に音声を載せることができます。

感情が表しにくい

ゲームをプレイしていて瞬間的にでてくる「びっくり」「やった!」といった感情は、後付け実況だと載せづらいように感じます。

内容的にも、説明口調になりがちです。なので、アクションゲームよりは、RPGとか、シミュレーションゲームが向いているかもしれません。

作業時間(収録時間)が倍になる

音声後付け実況は、「1.ゲームをプレイする」「2.ゲームを観ながら音声を実況する」「3.動画編集」というように、同時録音と比較して倍の時間がかかってしまいます。ここが最大のデメリットでしょう。2倍の時間をかけるなら、その分ゲームをした方がいいと思うからです。

今日のつみかさね

今回、録画ミスから「音声後付け実況」をしてみましたが、いろいろ見える部分がありました。

個人的には、無言時間が少なくなるメリットはあるものの、倍の時間がかかる事がネックになるので、やはり今後も同時録音になると思います。ただ、よりクオリティの高い動画を作るなら、別撮りの方がよいと感じました。

www.youtube.com

©blockworks.