凸 ブロックのつみかさね

デザイン、技術メモ、レビュー中心の雑記ブログ

Fidget Cubeは手持ち無沙汰な時に使えるアイテム

kickstarterで前から気になっていた「Fidget Cube」をAmazonで見つけたので購入してみました。

手持ち無沙汰な時に

Fidget Cube

Fidget Cubeは立方体型のアイテム。それぞれの面に「南京錠/ボール回転」「レバー」「スイッチ」「ロール」「撫でる」「ボタン×5」の6つの暇つぶし機能がついています。日本では、「ムゲンエダマメ」「ムゲンプチプチ」などが有名ですよね。

300円と考えれば適正アイテム

このFidget Cube、定価は2,500円〜3,000円もするらしいです。正直この価格だったら買っていません。

今回私は余ったAmazonポイントがあったので、1000円で販売していたものを300円で購入しました。この価格であれば、まぁ適正だと感じるアイテムです。

6つの機能を触ってみて

6つの機能を触ってみて

南京錠/ボール回転

上3つは南京錠のように回ります。ただし、回転は非常に軽く、ワッシャーのようにくるくる回転します。ボール回転は、パチンコ玉くらいの大きさの銀玉がマウスボールのようにくるくる回ります。なめらかに回転し、ひっかかりはありません。3番目によく触っています。

レバー

例えるなら、NINTENDO64の3Dスティックの劣化版みたいなイメージでしょうか。3Dスティックと比較してはいけないレベルです。スティックがあまり倒れないので、ちょっとさびしい感じですね。4番目位に触っています。

スイッチ

シンプルなON/OFFのスイッチです。動かすとカチカチ音がなります。6つの機能の中では、スイッチを一番たくさん触っています。

ロール

例えるなら、ごますり器のように、中央を支点に、ぐるぐる回るのですが…ひっかかりがつよすぎて、スムーズに回りません。逆にストレスになります。なのでほとんど触っていないですね。

撫でる

面の中央が凹んでいて、撫でることができるようになっています。質感が変わっているわけではありません。プラスチックです。おそらく親指で触ると思うのですが、凹んでいる箇所をイジイジする感じです。変化に乏しいのであまり触らないですね。

ボタン×5

5つあるボタンのうち、3つは押すとカチっと音が鳴ります。残りの2つは音が鳴りません。建て付けの悪いボタンの感じで逆によく押します。音がなる方のボタンを押すことが大半です。音が鳴らない方のボタンはふにゃふにゃしているので、リラックスという観点から行くと、これで用途があるのかなと思います。2番目にさわっています。

今回のつみかさね

高評価!という類の商品ではないのですが、あると以外と触ります。このFidget CubeをYoutubeをみている時とか、考え事をしている時に触っています。個人的には300円分以上は触っているので、まぁ元は取れています。Amazonでは1000円くらいで販売していますので、ポイントが余っていたら買ってみてはいかがでしょうか?

©blockworks.