凸 ブロックのつみかさね

デザイン、技術メモ、レビュー中心の雑記ブログ

【レビュー】色鉛筆も綺麗に消える?Gフォーカラー EP-CPG-100を試してみた

私はイラストを描く時に、よく色鉛筆(赤青鉛筆)を使います。その時に赤青鉛筆が上手く消えない事に困ったりします。今回、色鉛筆も消えるらしい消しゴム「Gフォーカラー EP-CPG-100」を購入したので、レビューしたいと思います。

商品外観

商品は、このような蛍光黄色の消しゴムです。断面部は正方形なので、どの方向からでも持ちやすいのがいいですね。

Gフォーカラー EP-CPG-100

手元にあったMONO LIGHTと比較するとこんな感じ。

Gフォーカラー EP-CPG-100とMONO LIGHTを比較

消えやすさの違いを調査してみる

「Gフォーカラー EP-CPG-100」と「MONO LIGHT」で、色鉛筆の消えやすさの違いを調査してみました。条件は以下のようになっています。

  • ●紙は普通のコピー用紙
  • ●「赤鉛筆で描いたもの」と「赤鉛筆の上に青鉛筆で清書したもの」をそれぞれ消してみる
  • ●左がMONO LIGHT、右がGフォーカラー EP-CPG-100
  • ●サンプルイラストは以下のように用意

サンプルイラスト:赤鉛筆のみ

サンプルイラスト: 赤鉛筆の上に青鉛筆で清書したもの

消してみた結果

赤鉛筆で描いたもの

写真だと分かりづらいかもしれませんが「完全に見えなくなった」というわけではありません。ただ目視で分かるくらい消え方に違いがありました。どちらも一消しというわけではなく、変化がなくなるまでゴシゴシ消した感じです。

結果:赤鉛筆のみ

赤鉛筆の上に青鉛筆で清書したもの

やはり二重で描いているので消えづらいです。こちらもひと目で消え方の違いが分かりました。青鉛筆は特に白い紙に対して消え残りが目立つようです。

結果:赤鉛筆の上に青鉛筆で清書したもの

結論

結論は「どちらも”完璧”に消えるわけではない。でも今までの消しゴムと比較してよく消えるので使う価値アリ」です。これで一般的な消しゴムと同じ価格なのでアリだと思いました。

今回のつみかさね

実際の仕事では消す時間がもったいないので、データ化する際調整する事が多いですが、描き込みすぎて主線が分からなくなった時に便利だと思いました。過度な期待はがっかりしてしまうでしょうが、100円ならアリだと思いました。

©blockworks.