凸 ブロックのつみかさね

デザイン、技術メモ、レビュー中心の雑記ブログ

小型撮影用LEDライトCommlite CM-L50 レビュー

以前から「撮影用ライトが欲しい」と思っていろいろ調べていました。今回小型撮影用ライト「Commlite CM-L50」を購入したのでレビューしたいと思います。

小さいのが欲しかった

Commlite CM-L50

Amazonで「LEDライト 撮影」を検索すると、「NEEWER CN-160 LED ビデオライト」あたりが評価も高く、最初はこれにしようと考えていました。

でも若干大きいなと感じていました。乾電池でも動くのは魅力ですが、実質別売りACアダプタを購入しないと光る時間が長持ちしないことが引っかかっていました。それでもっと小さくて時間がもつモノを探して見つけたのが「Commlite CM-L50」でした。

内容物

Commlite CM-L50

内容物はこんな感じです。

  • ソフトフィルター
  • オレンジフィルター
  • ブルーフィルター
  • スマートフォンホルダー
  • USB充電ケーブル
  • カメラ取り付けマウント
  • スマートフォン取り付けマウント
  • LEDライト本体

最近のLEDは十分明るい

この「Commlite CM-L50」は、50つのLEDしかついていません。これよりも安価で160つのLEDのものや、もう少しお金を出せば300つのLEDも購入できます。もちろん上をみたらキリがないですが以下の海外動画を見る限り、50つでも必要十分な光量が確保出ていると感じました。


Flash Led para cualquier móvil Commlite CoMiray CM-L50

実際に試してみた感じ

Commlite CM-L50

Commlite CM-L50

Commlite CM-L50

スペック

  • バッテリー容量:1000mA
  • 充電電力:600mA
  • 充電電圧:5V
  • 使用電圧:3.7-4.2V
  • 作業電気:800mA
  • 色温度:6000K +/- 300K
  • CRI:—–
  • 最長時間:18時間
  • 最短時間:60分
  • 充電時間:AC40分,PC2時間

卓上三脚を使いお手軽に光量確保ができる

本体と、本体に付属するスマートフォンクリップで、三脚と簡単に連携できます。また、本体にバッテリーが内蔵されているので、AC電源・ケーブルが必要なく、モバイルバッテリー・PCで充電できるのも便利です。付属品もフィルターもついており、基本的な部分は押さえられていると思います。

電池は充電式

Commlite CM-L50

CM-L50は充電式なので、乾電池などは使えません。そのかわり、モバイルバッテリーが使えます。普段持ちのモバイルバッテリーから充電できるのは非常に便利です。

今回のつみかさね

ライトを使うような場面はおそらくブツ撮りが多いと思います。そしてライトは、物にかかった影を間接光を使って飛ばしたい時に使うことが多いと思います。そうした際小さく取り回ししやすいライトの方が使い勝手がいいと判断しました。

サイズ的にはちょうどいいと思います。ただ複数個あった方がいいかなと感じます。光量を確保するために、同時に複数場所に置きたい場面があると思うからです。それはもう少し使い込んでみてから追加購入の判断をしたいな、と思います。

©blockworks.