凸 ブロックのつみかさね

デザイン、技術メモ、レビュー中心の雑記ブログ

カテゴリーとタグの使い分けについて

WordPressで記事を投稿する時にでてくるカテゴリーとタグ。みなさんは明確に使い分けていますか?今回はカテゴリーとタグの違いや使い分けについて説明していきたいと思います。

カテゴリーとは?タグとは?

カテゴリーとは、簡単に言うと「部類・分類・ジャンル」のことです。特定のルールに沿って記事を分けるための固まりです。

タグは、「コンピュータ上に存在するファイルなどにタグという目印を付けて整理する手法」です。

カテゴリーとタグ分けのメリット

一定のルールで記事を分けることで、特定記事に興味を持った読者が同ジャンルの記事を読んだりする時に便利です。また、記事を書いた本人も後から記事を振り返る際、ジャンル分けされていると目的の記事まで内容を簡単に絞り込むことができて便利です。

WordPressにおけるカテゴリーとタグの扱いについて

WordPressにおけるカテゴリーとタグの扱いは、インターフェース(画面の見た目)で大きく異なっていることがわかります。以下は、新規投稿画面です。

カテゴリーとタグの扱い

カテゴリーは「チェックボックス」による選択式なのに対し、タグは、候補は出て来るものの、自由入力の形を取っています。カテゴリーは一定のルールで縛ることが目的なのに対し、タグはより細かく分類できることを意図していると思います。

タグは記事が増えると破綻する

タグはカテゴリーよりも細かく分類分けできます。言い換えれば、一定のルールが存在しないわけです。ですから、投稿記事が増えるほどタグは混沌としてしまい、機能が十分に果たせないのではないかと思います。

それでもタグを使いたい場合は、1記事に最大3つ以下程度に抑えると言ったルールを設ける方がいいのではないでしょうか?ちなみに筆者はタグを使っていません。

カテゴリーだけで管理するのが吉

上記でタグに関して言及したように、筆者としてはタグは使わずにカテゴリーだけで記事を分類していく方がいいと考えます。新規投稿画面で明確に縛りがある事で、分類が混沌としづらいと思います。さらに、カテゴリーは原則1つだけというルールを設けて運営し、特定カテゴリが増えすぎて細分化する余地があったら、そこをさらに分類していくのが長く使える運営方法なのかな、と感じます。

感覚として、例えば100記事中10記事あったらカテゴリとして成立するけれど、100記事中1記事しかなかったら、他のカテゴリーに入れられないか、と検討する感覚が分かるでしょうか?カテゴリーは一定の記事数を求めるような気がします。

もしカテゴリーをつけ直したいときは…

WordPressには、カテゴリーのつけ直しを簡単に行える「Batch Cat」プラグインがあります。もしどうしても分類し直したくなった場合は、こちらを活用してみてください。

©blockworks.