凸 ブロックのつみかさね

デザイン、技術メモ、レビュー中心の雑記ブログ

BASEとバリュードメインを連携する方法

BASEは、基本無料で自分のショッピングサイトを作ることができるWebサービスです。私も自分への経験も兼ねて、イラスト販売サイトを立ち上げてみました。その中でドメイン絡みでちょっとつまづいたので、メモをしたいと思います。

独自ドメインにすべきかどうか

まず始めに、新サイトを立ち上げる際独自ドメインにすべきかどうかについて、私個人の意見を書いておきたいと思います。

ドメインの話はBASEに限った話ではありませんが、できるだけ独自ドメインにしておいた方がいいと思います。Webサービス側が用意したドメインを使用すると、そのサービスが終了した時にドメインを変更しなければならず、それまで蓄積してきたものが無になってしまうからです。

それだけ工数を使って作業するものなので、被害は少なくしたいものです。すでにドメインを持っている方は、サブドメインで構わないので、設定した方がいいと思います。

独自ドメインAppsを追加

設定は、取得しているドメイン業者側で設定します。BASEのAppsから「独自ドメイン」のAppsをインストールしてください。インストール作業を行うと、以下のような設定画面が表示されます。

ドメイン設定画面

独自ドメインを利用するには、上記設定に加えて取得したドメイン会社にて「CNAMEレコード」を "cname.thebase.in" の設定が必要です。
サブドメインがないドメインはご利用いただけません。(wwwについてはご利用いただけます)

取得したドメインに、「cname.thebase.in」を設定しろ、という事ですので、バリュードメインへ移動します。

取得ドメインでCNAMEを設定

取得したドメインのDNSが触れるようにネームサーバが設定されているものとします。

バリュードメインの場合、ネームサーバ設定に「NS1.VALUE-DOMAIN.COM」〜「NS5.VALUE-DOMAIN.COM」の設定をしておけばいいでしょう。

DNS設定

該当ドメインのDNSへ移動し、以下の文字を追加します。例では、shop.example.comをBASEのcname.thebase.inに紐付ける、という事になります。

注意点としましては、最後のピリオド(.)を必ず入れてください。

cname shop cname.thebase.in.

ドメイン業者によりますが、数時間でドメインが浸透しますので、BASEのドメイン設定で作ったドメインを入力してください。BASEは、どうやら自動でSSLに対応してくれるようです。自動でhttps://shop.example.comという形でアクセスができるようになりました。

今回のつみかさね

当初は苦手だったDNS周りも、基本的な事であればいろいろ操作できるようになりました。使っているサーバとドメイン業者によりますが、DNSが自由に触ることができると便利ですね。

あと、BASEが想像異常に簡単に設置出来たことに驚きました。まぁまだ商品が売れていないので売れた所までの挙動は分かりませんが。

3分間DNS基礎講座

3分間DNS基礎講座

©blockworks.